cerro torre
home what's cerro torre lineup shoplist
セロトーレ・ザックについて | SYSTEM | TECHNOLOGY | Q&A
登山用ザックの選び方 | 疲れない楽なザックの背負い方

TECHNOLOGY & FUNCTION <セロトーレの設計コンセプト>


 

■ 日本人のためのザック

一言で「山登り」といっても、欧米と日本とではそのスタイルがそれぞれ異なります。また、欧米人と日本人とでは体型にもかなりの違いがあります。「日本人の体型に合ったザックが背負いやすく、日本の登山スタイルに合ったザックが使いやすい」と考えています。

■ 軽く感じるザックが「軽いザック」

ザックの自重を軽くすることは重要なことです。しかし軽くするためにフレームを省いたり、ヒップベルトを華奢な構造にすると、かえって背負いづらくなってしまいます。「背負いやすさ」を犠牲にする軽量化は、結果として「重く感じるザック」になってしまいます。セロトーレでは背負いやすさを犠牲にした軽量化は考えていません。

■ ザックは背面長で選ぶ

背負う人の「背中の長さ」とザックの「背面長」が合っていることが、ザック選びの基本です。セロトーレでは、男女別に背面長を分けてザックを設計しています。
男女それぞれの背面長
比較男性:48〜52cm
女性:42〜45cm

例えば、同じ35リットルのスプリンガー(男性用、背面長52cm)と、リンクス(女性用、背面長45cm)の場合、背面長7cmの差があるので、当然、スプリンガーのほうが全高が高く容量が大きく見えますが、リンクスは全高が低い分、本体を太く設計して同じ容量を確保しています。
また、35リットルのリンクス(女性用、背面長45cm)と30リットルのオリオール2015(女性用、背面長43cm)の場合、容量は5リットルの差がありますが、背面長はわずか2cmの差です。オリオール2015はリンクスより本体をスリムにデザインすることで容量を小さくしています。容量が小さくなっても徒に背面長を短くせず、本体の太さで調整しています。容量が小さくなるほど背面長を短くしたら、とても背負いづらいザックになってしまうからです。35リットルのスプリンガー(男性用、背面長52cm)と、30リットルのアイビス2015(男性用、背面長48cm)の場合も同様です。

■ 短いショルダーハーネス(38cm)

日本人の肩は欧米人より薄いので、セロトーレのショルダーハーネスは短めに設計されています。荷重のかかる範囲は限られているので、それ以上にショルダーハーネスが長くても良いことはなにもありません。横腹までショルダーハーネスが伸びていても、腕の動きを妨げたりして窮屈なだけです。
また、背面調整機能が付いた大型ザックの場合でも、小柄な人に合わせると、ショルダーハーネスを十分に引っ張れなくなります。

■ 二重構造のショルダーハーネス

セロトーレのショルダーハーネスは、内側にシワが寄らない構造になっています。柔らかくてもコシがあり、荷重がかかっても弾力性を失いません。肩に優しい二重構造のショルダーハーネスです。

■ プレモールディング ショルダーハーネス

A:CTB-TEX=軽量で摩擦に強く、引っ張り強度も抜群のポリエステル550デニール。
B:E2000スポンジ=復元力に富み、荷重がかかっても弾力性を失わない軽量スポンジ。
C:プレスモールディング=しなやかでソフトなネオプレーンスポンジと、肌触りが良く即乾性に優れたライカラテックス生地を、熱圧着して一体化。
-
通常のショルダーハーネスはスポンジを生地で包む製法(スポンジと生地が一体ではなく別々の構造)なので、ザックを背負った時ハーネスの裏側(肩に接する面)にしわができフィット感を損ないます。
セロトーレ・ザックのショルダーハーネスは、スポンジと生地を熱圧着した一体構造だから、背負った時に身体に沿った自然な曲線を描き、裏側にしわも寄らず、抜群のフィット感を生み出します。

■ BCショルダーハーネス

BCとは、ブーメランカーブ(Boomerang Curve)の略。
ザックの背負い心地を語る上で、ショルダーハーネスは極めて重要なパーツの一つです。セロトーレでは、当初からショルダーハーネスに強いこだわりを持ち、それゆえ日本人の体型に合うよう綿密に設計し、コストもかけていました。実際、これまで全てのモデルに採用していたモールディングショルダーハーネスは、多くのザックの中からセロトーレを選んで頂く際の決め手の一つであると思われます。肩への当たる角度、左右の間隔、長さ、胸回りの圧迫感、腕の振り、捩れ、そしてパッドの触感とフィット感・・・。ショルダーハーネスは、あらゆる角度から考えられなければいけません。
2005年より中型(35リットル、45リットル)の4機種に、2006年よりさらに2機種に、新たに開発されたBCショルダーハーネスを採用しました。ブーメランのようなカーブを持つこのショルダーハーネスは、外側の硬いパッドと内側の柔らかいパッドの2重構造となっています。外側の硬いパッドがショルダーハーネスの捩れを抑え、肩にきれいにフィットします。そして、カーブしながら幅が狭くなっていく特殊な形状により、胸回りの圧迫感が有りません。特殊なカーブと2重構造により、ショルダーハーネスに要求される、肩への抜群のフィット感と胸回りのスッキリ感を完璧なまでに両立しています。特に女性用(インパラ、リンクス)では、男性用(スプリンガー)、男女兼用(ビックホーン、パンサー、アイベックス、ポーターアイスII)と比べ、長さの違いだけでなくカーブの曲がりもよりきつく設計されており、その結果BCショルダーハーネスはバストに一切干渉せず、女性特有の悩みを克服しました。

■ F3Dヒップベルト

F3Dは、Flexible 3Dの略。上下2本のアームで構成され、腰全体を包み込む立体的な形状を持つヒップベルトです。
そして、上下2本のアームを造るパッドは縦方向にしっかりとした剛性を持ち、この立体的な形状は崩れません。
また、アームの間の空間により、腰の傾きに合わせて2本のアームが上下にしなやかに動き、腰をしっかりとホールドしながらも、体の動きを妨げません。
軽量でシンプルな構造ながら、フィット感にホールド感、そして動きやすさを兼ね備える、セロトーレ独自のノウハウが凝縮されたヒップベルトです。

■ SSCヒップベルト

SSCとは、Solid,Stable,Comfortable,の略。自然と腰を包み込むように湾曲した形状を持つヒップベルトは、外側の硬いパッドと内側の柔らかいパッドの2重構造から成り立っています。
このセロトーレの大型ザックのヒップベルトと同じ2重構造により、「がっしりと安定した心地良さ」は、SSCヒップベルトを締めた瞬間に実感されるはずです。腰に接する部分を被うグレーの生地はストレッチ素材。下部の黒い部分は、ザックを地面に置いた際のコスレに対する補強のため、丈夫なコデューラ生地となっています。

■ レインカバー

レインカバーマークアイビススピッツペッカーに標準装備。
上下2箇所をゴムバンドでしっかりと固定できるので、雨の日でも安心です。

レインカバーはボトムのポケットに収納。(アイビススピッツペッカー

■ 機能するトッププルシステム

セロトーレでは、30リットル未満のザックには、あえてトッププルシステムを装備していません。
トッププルシステムとは「肩の頂点より上の位置」から引き寄せて正しく機能するシステムです。30リットル未満のザックの場合、全高に限りがあるので、トッププルシステムを付けると背面長が短くなってしまい、無理に付けても「肩の頂点より下の位置」になり、意味がありません。

■ スタビライザの役目を果たすポケット

photoザックの横方向の揺れ防止のために、通常はヒップベルトの両脇に付いているスタビライザを省略し、そのかわりにストレッチ生地で造られたポケットを付けました。 これにより体型にかかわらず、ヒップベルトを締めただけでポケットが自動的にスタビライザの機能を果たします。
このセロトーレ独自のアイデアにより、シンプルな構造ながらザックの安定感とボリュームのある使い易いポケットを実現しました。(リンクス

■ 腰を包み込むストレッチ生地

photo荷重を支える、揺れ防止・・・等の本来の機能をヒップベルトが果たすためには、フィット感と「腰を包み込む」という構造が極めて重要となります。 しかしながらポケット付きのヒップベルトの場合、ポケットを付けたがために本来の機能が損なわれているヒップベルトもあります。
そこでセロトーレでは、腰の裏側をストレッチ生地で包み込む独自の構造を考案し、体型にかかわらずヒップベルト本来の機能と容量の大きなポケットを両立しました。(アイビススピッツペッカー

■ ザックの素材

● 420Dシャドウボックスナイロン
● 210Dダブルリップナイロン
● 420Dドビーナイロン

■ ベルト通し

ベルト通しウェストベルトを外している時は、ベルト通しを使えば垂れ下がらずにスッキリと固定出来ます。(ペッカー

■ ボリュームポケット

ボリュームポケットヒップベルトのポケットはボリュームたっぷりです。(アイビススピッツペッカー

■ メッシュポケット

メッシュポケット深さたっぷりのメッシュポケットはペットボトルもすっぽり入り、落とす心配は要りません。

■ ストレッチポケット

ストレッチポケットストレッチ生地で作られているポケットは、何も入っていない時はスッキリしてますが、いざとなれば、ボリュームたっぷりです。(リンクス

■ トライアングルサイドポケット

トライアングルサイドポケット背負った状態でも手を後ろにまわせば出し入れ出来ますので、とても便利です。(ビックホーンアイビススプリンガーアイベックスパンサー

■ 適応身長

ザック選びは身長ではなく背中の長さ(胴の長さ)で決めますが、目安となる適応身長としては以下の通りです。
たとえば「同じ身長なら背中の長さも同じ」とは限りませんし、「背の低い人より背の高い人の背中の方が長い」とも限りませんので御注意願います。

アイテム背面長適応身長
ビックホーン45cm〜55cm160cm〜182cm
パンサー45cm〜55cm160cm〜182cm
アイベックス45cm〜55cm160cm〜182cm
スプリンガー52cm168cm〜178cm
リンクス45cm152cm〜162cm
アイビス48cm160cm〜170cm
スピッツ43cm150cm〜160cm
ペッカー43cm150cm〜160cm
ポーターアイス45cm〜55cm160cm〜182cm

-
back next

セロトーレジャパン
〒277-0861 千葉県柏市高田77-9
TEL:04-7147-2855(AM10:00〜PM6:00)
Eメール:cerrotorre-japan@nifty.com
Copyright © 2016 CERRO TORRE JAPAN INC. All Rights Reserved.